DMMモバイルの評価

DMMモバイルのメリットを挙げるなら、他社に比べて月額料金が安いことと、通信が高速で行えることにあります。安い料金で安定したインターネットを利用したい方に、まさに理想的と言えるMVNOでしょう。レビューサイト等での評価の多くは、通信速度の速さと月額費用の安さ、この二点が多いようです。

実効速度が速いのが魅力

MVNO関連のレビュー記事を見ていて、DMMモバイルに対しての記事でよく見かけるのが、非常に高速な通信にもかかわらず、かなりの安定性を備えているという書き込みです。高速通信が安定して使え、基本料金が安いと言うことで、DMMモバイルは、業界でも注目度ナンバーワンのMVNOだと言っていいでしょう。そして、DMMポイントの高還元も考え、速度と費用の点で言うなら、かなりお勧めの格安スマホとなっています。費用対効果が高いMVNOを選ぶのならば、まずはDMMモバイルを選んでみてはどうでしょうか。

DMMモバイルSIMの特色まとめ

人気MVNOの一角である、DMMモバイルは、動画配信サイトで有名なDMM.comが運営するMVNOサービスです。DMMモバイルは業界最安値と宣伝していて各プランとも安い料金設定になっています。とにかく月々の出費を抑えたい方には、断然おすすめな格安SIMサービスです。通信速度もスムーズで、安定感もあり、快適にインターネットを利用する事が出来ます。そんな訳でして、DMMモバイルの料金や解約について、まとめましたので、どうぞ楽しんで♪

docomoエリアで使えるお得なスマホ

格安スマホサービスとして人気を集めているDMMモバイルはdocomoから回線を借りてサービスを行っています。気になる性能ですが、docomoと同じ回線ですので、つながり易さもいいので、広範囲でサービスを利用する事ができます。これまでのNTTドコモのスマホをまだまだ使いたいという方にも朗報ですが、大半の機種はそのまま使えます。また機種を変更したい場合は、新たにSIMフリースマホをセットで購入することも可能です。ただ、すでにdocomoのスマホをお持ちでしたら、SIMカードだけの契約をDMMモバイルと結べば、そのまま使えますので、また新たに機種を購入する必要もありません。docomoの回線を利用しているため、安定したサービスを提供することができて、料金も価格と大変お得なサービスとなっております。

iPhoneが24回払いの分割OK

DMMモバイルを使ってみたいと思う理由の一つには最新のiPhoneもセットで分割購入できることがあります。多くの格安SIMサービス会社では、海外製の格安SIMフリー端末をラインナップし、iPhoneやXperiaと言った高級機種は扱っていません。DMMモバイルは、最新のiPhoneシリーズも取り揃えており、最新iPhoneをSIMフリーで分割購入したいのならば、DMMモバイルが適した選択肢ということになります。MVNOでiPhone端末を購入したいのであれば、DMMモバイルをチェックすると良いでしょう。ただしiPhoneは人気シリーズだけに売り切れになることが多いため、在庫がある内にて、極力早めに申し込み手続きをするのが良いでしょう。

あまったデータ量の繰越し

契約プランによって、使用できるデータ通信量はかわりますが、あまり通信しない月も場合もあるので、その様な月は多めに残ってしまう場合もある事でしょう。DMMモバイルはこういった場合でも、使い残した分の容量を次の月に引き継ぐことができます。MVNOでは余った容量を翌月繰越しできない場合があるので、翌月繰り越しができるということは、大変魅力的です。データ容量を持ち越せることが可能なため、無駄なくお得なサービスとなっております。

オンラインで即日MNPに対応

DMMモバイルは即日MNPに対応することで、よりスムーズに転入手続きを行えるようになりました。DMMモバイルでは、MNP届け出方式というものを採用しており、インターネットでお申し込みをするだけで、携帯電話を利用できなくなる期間なしにMNPができるようになっています。即日MNPを行うには、以前までは必ず店頭に行かなければなりませんでしたが、今では、店舗へ出向かずとも、自宅や出張先で即日MNPをすることができます。MNPの申し込み時に回線を使用できなくなる空白期間が心配で、なかなか乗り換えに踏み切ることができなかった方には朗報ですよね。即日MNPは、SIMカードが届いたら手続きでき、その方法はDMMモバイルの会員ページから、回線切替ボタンを押すだけととっても簡単です。即日MNPが可能となった事で、DMMモバイルの格安スマホはより利用しやすくなったといえるでしょう。

ずっと10%還元、毎月もらえるDMMポイント

DMMモバイルのご利用期間中は、DMMポイントが月々の利用料金の10%分のポイント還元サービスという、キャンペーンが行われています。節約好きの方には朗報ですね。毎月の月額料金はもちろんのこと、通話料やオプション利用料なども対象なので、DMM.comを恒常的に利用する方にとっては、非常にお得なキャンペーンです。格安SIM業界の中では、1番と言っていいくらい安いDMMモバイルなのに、さらに10%のポイントをプレゼントしてくれるのですから、とてもお得なMVNOとなっています。毎月の利用料金を落としたい方には、非常に心強い味方と言えます。

バースト機能で、快適な低速通信

DMMモバイルの機能の一つとして、バースト機能といったものがあります。せっかくなのでいったいバースト機能って何?って人のためにちょっと説明します。バースト機能とは、通信においての機能で、通信が低速な際に通信の初め数秒間のみ高速通信を行い、ページを表示するまでの時間を速くすることが可能になります。このバースト機能のおかけで容量超過による低速通信時でも、Webサイトの表示速度が遅くなる問題を回避することができ、読み込み時に遅れを感じてイライラさせられることが少なくなり、ネット環境にイライラすることがなくなりますので、DMMモバイルが選ばれる大きな理由になっている機能です。この便利なバースト機能は、現在DMMモバイルとIIJmioだけにしかない機能なので、バースト機能を使いたければどちらかから選ぶしかありません。

DMMmobileの速度

現在、数多くのMVNOが存在していますが、その中でDMMモバイルは NTTdocomoが提供する225Mbpsの4GLTE回線を使用した、格安のスマホサービスです。注目すべきは回線速度の速さと、対応エリアの広さでそういった点で安心できるサービスということができます。実際に、通信速度の評価は高く、人々の評判や、反応という面においても、肯定的な意見が多く見受けられました。通信スピードが速くてしかも料金がお手頃という格安スマホを探している人にとっては、うってつけなのがDMMモバイルと言えそうです。

DMMモバイルの3日間制限に関して

DMMモバイルの場合、低速通信のみを対象として、直前の72時間における通信データ量を基準とした速度制限が実施されることがあります。高速通信時には、そういった制限はございませんので安心してご利用ください。私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、200Kbpsの速度規制が行われます。この3日間規制は、設定された値を下回れば、契約者が何もしなくても制限はなくなります。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。

DMMmobile月額プランと解約

DMMモバイルの料金と速度の体系をみてみましょう。現在の携帯電話料金と比べて、通信費がいくら節約できるか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。これから、料金プランを見ていきましょう。

月額プラン・初期費用

DMMモバイルの月額プランは、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。070/080/090番号が使えるものには、 音声通話SIM適応されますので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。通話SIMの月額プランは、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円:す。

データ専用SIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円です。

2年縛りは?

DMMモバイルの最低利用期間と解約違約金について、解説していきます。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、DMMモバイルのデータSIMです。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。その一方で、通話SIMについては最低12ヵ月は利用することが契約条件となっています。そのため12カ月以内に通話SIMを解約する場合は、違約金『9,000円』の請求を受けることになります。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、13ヵ月目以降はいつ解約しても違約金を支払う必要がなく、利用者への便宜が図られています。

締切間近のキャンペーン