IIJmioとは?

格安SIMと格安スマホのみおふぉんってご存知ですか。インターネットイニシアティブジャパンが提供するMVNOサービスです。格安SIMのパイオニアである、インターネットイニシアティブジャパンは、格安SIMが世間に広まる以前から利用しているユーザーならば、IIJmioの名前を一度は聞いたことがあるでしょう。格安SIMアワード2015顧客満足度調査において、総合部門で最優秀賞を受賞した実力があります。最優秀賞に輝いた決定要因は、やはり顧客サポートがしっかりしている事と通信速度の安定さであると考えられます。さて、いきましょう!IIJmioのキャンペーンから評判までを網羅したので、話題のIIJmioについて、ご理解頂けるかと思います。

docomo回線を利用したお得なスマホ!

人気のMVNOである、IIJmioはdocomo通話回線を利用しています。そのため、通話品質もdocomoと変わらず、サービスエリアもdocomoと同様の広範囲エリアで利用できる為、繋がりやすさは抜群です。当然、docomoのスマホならIIJmioでもそのまま使えます。もちろんIIJmioでもスマホ本体も販売しているのでSIMと本体、両方セットで購入することだってできます。ドコモのスマホを持っている人なら、SIMカードを契約するだけで利用を始められるので、また新たに機種を購入する必要もありません。docomoの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

話題のバースト機能│快適な低速通信

IIJmioといえば、「バースト転送」の機能が導入されている点にも独自性があります。あまり知られてはいないと思うので、バースト機能について以下に記します。『バースト』という機能は、低速通信時に、最初の数秒だけ高速通信を行い、ページの表示をスムーズにするという機能のことです。このバースト機能のおかけで容量超過による低速通信時でも、Webサイトの表示速度が遅くなる問題を回避することができ、よくありがちなイライラをなくすことが出来、インターネットの快適な利用が可能となるため、人気の機能となっています。ただ、バースト機能の対象はIIJmioとDMMモバイルのみとなっているので、ご注意ください。

データ通信量の翌月繰り越し対応

契約するプランが違うと通信データ量も違ってきますが、月によっては、使用量が少なくてかなり残ってしまうこともあるでしょう。話題の格安スマホ、IIJmioでは、残ったデータ量を次の月に移動して使うことができます。一部のMVNOには、残ったデータ通信量の繰り越しサービスの無いものもあり、この翌月繰越は、多くのユーザーがIIJmioを選ぶ理由のひとつと言えるでしょう。せっかく格安SIMにしたのにデータ量は無駄になった、なんてことにはIIJmioならしませんよ!

二世帯でも使える10枚までOK

IIJmioは家族で使うととってもお得です。なぜなら、なんと最大で10枚までSIMカードを追加することができます。家族が10人いるお宅ならこのllJmioに乗り換えることで、キャリアとの価格差は歴然!一人だけでもお得な格安スマホですが、いったいどれだけの節約ができるか想像してみて下さい。これを機に、家族の携帯電話料金を見なおしてみてはいかがでしょうか。サポート体制がしっかりしているIIJmioであれば、安心して格安スマホを使うことが出来るでしょう。お子様向けに、有害サイトや不正アプリから守ってくれる、みまもりパックサービスを追加していただくと子供用のスマホとしてもお使いいただけます。

IIJmio月額費用と解約

IIJmioを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。お使いのスマホ料金と比べながら、通信代がどれくらい安くなるのか、比較対象できると思いますので是非とも参考になさって下さい。どれぐらい節約できるのか、IIJmioの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

IIJmioの料金プラン

IIJmioの月額プランは、SIMにはデータ通信用と音声通話ができるものの2種類があります。データ通信専用SIMと違い、音声通話付きSIMは、070/080/090番号を使用することができます。データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、SIMはデータ専用ではなく、必ず音声通話付きのものを選んでください。音声SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円です。

データ専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円となっています。

IIJmioの解約手数料

解約制限と違約金について、解説していきます。データSIMについて、IIJmioの場合、最低利用期間は設定されていません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。音声通話SIMに限っては、12ヶ月間は利用しないと解約手数料がかかります。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、違約金の9,000円を支払わなければなりません。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、13ヶ月以上経てばいつ解約しても良いので、安心です。

IIJmioの評判

IIJmioの商品としての価値がどこにあるのかを考えると、格安SIMサービスの老舗なので、信頼性が強いところとお客様サポートが万全で安心して利用できるところです。2015年度格安SIMアワードで、総合満足度第1位という栄冠からも、利用者が十分に満足している様子が伺えます。ユーザーサポートは電話はもちろんのことオンラインにおいても徹底しており、格安SIMや格安スマホを使うのが初めてという方でも、スムーズに格安スマホ/SIMに移行ができるMVNOと言えます。

アフターサポート・速度の安定感がヘビーユーザーにも良し

IIJmioは多数のユーザーからの口コミで、その多くは、顧客に対する行き届いたサポートと通信速度の安定さが鍵を握っているようです。顧客満足度の高さは、格安SIMアワードの調査結果にも表れている通りで、総合部門で最優秀賞を受賞しています。このことから考えても、MVNOの中で選択すべき有力な候補の一つと言えます。MVNOの中では老舗に分類されることから、安心して利用できるブランドになっています。口コミランキングなどで常に上位で評判の良いMVNOですので、格安SIMをはじめて使ってみようと思われる方にとっては、おすすめできるNVNOの一つとなります。

IIJmioの速度

色々なMVNOがあり、その中でもみおふぉんは、docomoと同じLTE回線を利用した格安スマホのサービスです。そのサービスの回線速度や対応エリアに関しては定評があります。また、実効速度も高速で安定していて、人々の評判や、反応という面においても、軒並み高評価を得ており、数あるMVNOの中でも話題になっているようです。通信速度が速く、さらに格安スマホの購入をお考えの方には、IIJmioがおすすめです。

IIJmioでの3日制限に関して

みおふぉんは、ただ、低速通信を使っているときは、直近の3日間はデータの使用量によって速度制限が設けられることがあります。ただし、高速通信の利用時にはこの3日間の通信量制限はありませんので通信量を気にせずお使い頂けます。利用者の平等な利用環境のために、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられます。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。

みおふぉんのキャンペーン