mineo月額費用と解約

mineoの利用料のプラン、通信速度はどのようなものかご紹介します。今、月々かかっているスマホの料金から、いくら携帯代が安く出来るか、ぜひ読んでみてください。それでは、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

マイネオの料金プランまとめ

mineoの月額費用は、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。070/080/090の番号が使えるのが、音声通話ができるSIMなので、docomoやau、SoftBankを使用していた時と同一の番号を利用したい時は、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。音声通話SIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円となっています。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約手数料

mineoの解約縛りと違約金、これは事前に把握しておきましょう。mineoは、利用期間に制限をかていないMVNOですから、いつ解約しても解約違約金はかからないのです。こういう格安スマホって、本当なら実際に試してみてから契約するか決めたいところなので、大きな魅力を持つMVNOでしょう。ただし、1年以内のMNP転出の場合には、12,420円が掛かってしまいます。音声通話SIMを利用する場合はこのような制限が設けられるので注意して下さい。

回線速度

mineoの通信速度について回線プランを基に、解説していきます。docomo回線のDプランでは、225MbpsのLTE回線で高速データ通信が可能ですし、Aプランに関しても、AU 4G LTEの最大225Mbpsの回線となっています。回線が混雑する時間帯においては、ブログ等で紹介されているように、au、docomoのような大手の通信速度は、ダントツで安定感があります。そのため混雑がピークとなる時間帯でも高速通信を行う必要がある場合には、やはりキャリア契約がお勧めでしょう。それでもなお利用料金が安いことを思えば、メリットとデメリットを考慮しても、十分に満足できる、魅力的なサービスであると思います。

mineo Aプランでの3日間制限

どのMVNOでもそうですが、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。mineoでは、料金プランによる規定値は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されているようです。

mineo docomo回線プランにおける帯域制限0

格安スマホmineoのドコモ回線を利用する契約、Dプランでは、データ通信量による3日間制限がないということです。日々のデータ通信量の差が大きい方でしたら、直近3日間の通信量により規制がかかるauプラン(Aプラン)よりもドコモプラン(Dプラン)の方が、Dプランをオススメいたします。こういった違いも含めて、プランを比較検討すると良いかと思います。

mineoの気になるポイント

mineoは格安SIM、格安スマホを取り扱っていてdocomo回線とau回線を利用出来るMVNOです。現在のキャリアからmineoに乗り換えることで、月々の料金を大幅に安くすることができます。。mineoは、月額料金がわずか1310円ということで注目されています。国内で初のマルチキャリアMVNOとなり、docomoとAUの回線プランを選択できるので人気です。通話の品質や電波の提供エリアはdocomo・AUと同一なので、節約しつつ使い勝手も保証された安心のMVNOです。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、mineoのキャンペーンやプラン変更まで、すべてをまとめてみました。節約出来たスマホ代を何に使いましょうかね。笑

docomoとdocomo・AUの基地局を利用した格安スマホ!

mineoはdocomoとauのどちらの回線も使うことができるマルチキャリアを利用できます。回線がdocomo・AUなので、通話や音質などといった品質は同等で、当然ながら通話エリアに関しても全く変わりがありません。docomo、AU回線を利用しているため、今使っているdocomo、AUスマホをそのまま使っていただくこともできますし、場合によっては乗り換え時に買い換える必要がないでしょう。機種代がかからないというのは大きいですね!または、mineoで用意されている格安SIMと格安スマホのセット購入もできます。キャリア回線も利用者に優しい価格設定となり安心できますし、月々の利用料金も安く済むのは嬉しいかぎりです。音声通話がつく場合、ドコモとauでは料金が変わってくるので、よく考えてどちらにするか決めてくださいね。

高品質通話VoLTE対応!

mineoは、最新のVoLTEに対応するSIM及びプランの提供を始めました。VoLTEは今までの音声電話と比較して、格段にクリアな音質に改良された、新しく革新的な通話内容です。今までは、300Hz~3.4kHzまでの音質しか届けることが出来ませんでした。新通話方式の「VoLTE」では、50Hz~7kHzまでの音域に対応できるようになりました。これは、今までの通話と比較すると、かなりクリアな音質で話せるようになったということです。VoLTEに対応したことにより、mineoの魅力が更にアップしました。

データ繰り越しができる!

あとmineoには、高速データ通信の容量が余った場合に次の月へ繰り越せることで、月々で使用するデータ量が変動する方でも、無駄なく安心して使用することができるのはとても嬉しいことです。

mineoスイッチの活用で、通信量を節約!

mineoスイッチというものもありますので、通信速度が高速と低速のどちらでも切り替え可能です。不要なデーター量の削減が出来るのは使う側にとってあり難い機能です。Wi-Fiとmineoスイッチを組み合わせると、さらに安いプランにすることも出来ると思います。スマホ代をなるべく安く済ませたいのならば、mineoはとても使えるMVNOです。

【締切間近】キャンペーンの詳細