楽天モバイル月額プランに関して

ここでは楽天モバイルの金銭的な面についてご紹介していきます。月々のスマホ使用料金と比較して、どのくらい通信料金が安く済むかに着目してみてください。これから、楽天モバイルの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

楽天モバイルの料金プランまとめ

楽天モバイルの料金プランに関しては、格安スマホなどのSIMはデータ通信用と音声通話機能付きの2つがあり、料金が違っているって知ってますか。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので普通の携帯電話としても使いたいときには、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

低速通信速度(200Kbps)が使い放題のプランがベーシックプランで、ベーシックプラン以外は、LTEの高速回線(225Mbps)が利用できるプランです。楽天モバイルの初期費用は、3,240円になります。端末が必要な方は端末代もそれにプラスしてください。

楽天モバイルの契約縛りについて

楽天モバイルの最低利用期間と違約金について、ご紹介していきます。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。解約する時期がいつでも、手数料が取れられないのは嬉しいサービスですね。音声通話SIMだと、1年間は、違約金なしに解約できない決まりになっています。そのため12カ月以内に通話SIMを解約する場合は、違約金として9,800円の支払いが必要となります。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、1年以上経てばいつ解約しても良いので、安心です。

楽天モバイルのチェックポイント

楽天モバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できます格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。その中でも月額1,250円で利用出来るサービスが話題を集めています。NTTドコモの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、通話品質、サービスエリアもNTTドコモの利用時と全く変わりません。また、楽天モバイル契約期間中は、楽天市場のポイントが2倍になるという特典も見逃せません。早速ですが、楽天モバイルのサービス詳細を詳しくまとめましたので、圧縮した携帯料金を何に使うか考えるだけでワクワク。

docomo回線網を利用したMVNO

大手インターネット通販サイトでおなじみの楽天が運営している楽天モバイルは、NTTドコモの回線を借りてサービスを提供しています。そのため、ドコモとう同様の高品質な通話品質となっています。一番気になるサービスエリアもドコモのエリアと同じなのでなんの心配もなく使えます。今お使いのスマホがドコモのものなら、ほとんどの機種はそのまま楽天モバイルで使用できます。SIMフリーのスマホとして楽天モバイルではスマホととともに購入することもできます。現在、ドコモのスマホをお持ちであれば、楽天モバイルのSIMカードだけの契約でもお使いになれますので、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。そんな楽天モバイルをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つドコモと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

格安スマホの機種が多い

楽天モバイルを利用する場合対応する端末が必要になりますが、今お持ちのスマートフォンが対応端末でない場合には、スマートフォンを新規で購入しなければなりません。楽天モバイルでも販売されているスマートフォン本体は、楽天モバイルなら他のMVNOと比べて、非常に多くの端末を取り揃えていますので、きっとお好みの1台が見つかることと思います。タブレットも8インチから10インチまでのモデルを用意しており、用途に合わせた機種選択が可能になっています。唯一の弱点を挙げるとすれば、スマートフォンやタブレットの支払いは,楽天カードでないと分割支払いできない,という点です。楽天カードを持っていない場合は、スマートフォンの本体代金は契約時に一括で支払うしかありません。しかしそれでも機種の選択肢では、他の追随を許さないため、とても魅力的です。

データ通信料の翌月くりこし

プランに応じて、データ容量は異なりますが、月によっては、あまり通信しなかったために容量の使い残しが出ることもありがちです。しかし楽天モバイルであれば、このような場合にも、次の月に残ったデータ容量を持越して利用うることができるのです。余ったデータ通信量の繰越に対応していないMVNOもあるため、余った通信量を無駄にしないで翌月に使うことができることは、楽天モバイルの優れた点です。使いきれずに余った通信量が無駄にならないことは、利用者にとっては嬉しい話です。

通話料がおトクになる、楽天でんわ

楽天が提供する「楽天でんは」では、通話料が50%OFFになる魅力的なサービスです。IP電話とは違い、プレフィックス型通話サービスと言うサービスで、発信元の番号がちゃんと相手方に通知されます。そのため、通知される電話番号は普段通りの番号が通知されるのです。そのため、受け手側にとっては今までの電話と何も変わらないのです。多くのIP電話は、番号が通知されなかったり本来不要な050番号が先頭に付加されて通知されたりするので、少し不便に感じると思いますが、楽天でんわはそのようなことがないので使いやすいです。楽天でんわを使ったときの通話料も、楽天ポイントが付与されるので、貯まったポイントをショッピングにも利用できてオトクですね!

5分カケホーダイ開始

ドコモ・au ・SoftBankといった大手3大キャリアでは、各社通話し放題のプランを用意していますが、その他に属するMVNOの過半数はカケホーダイと言ったサービスがないのが正直目立ちます。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。楽天モバイルが提供する5分かけ放題オプションは、月額850円で国内の通話が5分以内なら何度でもかけ放題となるサービスです。5分かけ放題オプションは大手携帯キャリアと同じ一般の電話回線を使用しているため、楽天でんわと同じく、発信者番号通知にも当然ながら対応していますから、いつもと変わらない、話し放題の電話を楽しめるのが、醍醐味です。NifMoにも通話し放題のサービスがありますが、こちらは発信者の番号が通知されない事が多いとレビューされています。楽天でんわでは、1分あたり21円ほど通話料がかかるので、月に一時間近い通話をしている方にはとても良いオプションですね。

初月は無料に!

楽天モバイルでスマホ端末本体ならびにSIMカードの契約をされたお客様は、初回月の月額料金がなんとタダになります。この最初の月とは、SIMカードやスマートフォンを受け取った月のことです。到着日次第ではほぼ一ヶ月間無料にすることもできますね。ただ、乗り換え前の通信会社の契約期間とか解約手数料の件もあるので、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。解約時期は、慎重に!

楽天モバイルの通信スピードについて

楽天モバイルでの通信は、ドコモの4G回線を採用したサービスとなっています。速度については、ドコモと同じ回線なので、通信速度についての不安はなさそうですね。dokomoと同じ回線を格安で使用できることは、何よりも楽天モバイルを使うメリットですよね。利用者はスマホ代が高いことを不満に思っていることもあり、今後もMVNOや格安スマホの発展から目が離せませんね。

楽天モバイルの3日制限に関して

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、どの利用者も平等に通信できるようにするため、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、契約時のパックプランの容量を超えたユーザーに対して、今までより遅い低速通信がはじまります。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。過度な使用をしなければ、通信制限にかかることはほとんどないと思います。各プランの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

今月のキャンペーン